土岐市 美濃陶磁歴史館

土岐市美濃陶磁歴史館

土岐市美濃陶磁歴史館では、黄瀬戸・志野・織部といった美濃桃山陶をテーマにした常設展示と、美濃焼の歴史をさまざまな角度から紹介する企画展示を行っています。

  • 企画展一覧
  • 教育プログラム&イベント案内
  • デジタルミュージアム
  • 書籍のご案内

展覧会開催のご案内

企画展開催のご案内

同時開催 重要文化財公開『元屋敷陶器窯跡出土品展』×『山茶碗』

期間: 2019年3月1日(金)~5月26日(日)

 

およそ400年ものあいだ生産が続いた素朴な器「山茶碗」の歴史をご紹介。あわせて、国史跡「元屋敷陶器窯跡」の出土品のうち重要文化財指定の品々を一挙に公開。素朴な山茶碗と大胆なゆがみを持つ織部の茶碗。茶碗は茶碗でもこんなに違う!?時代によって異なる「茶碗」の意匠や用途が美濃焼の歴史の一端から垣間見えます。

特別展A4チラシ

同時開催 『まさるときつねとこま犬』×『土岐市の文化財展Part1 文化財でたどる美濃焼の歴史』

期間: 2018年11月30日(金)~2019年2月24日(日)

 

江戸時代に地域の人々によって寺社に奉納された土岐市にまつわるやきものの狛犬・神猿・神狐が大集合します。土岐市の文化財展第1弾を同時開催。

特別展A4チラシ

特別展『瀬戸物として売られた美濃焼-江戸時代の焼物生産と販売-』

期間: 2018年9月15日(土)~11月25日(日)

 

江戸時代、庶民が手にした「瀬戸物」は、じつは「美濃焼」だった!尾張藩傘下での販売や窯株制度が廃止され、自由な生産と販売により「美濃焼」が広く親しまれるまでの近世~近代美濃焼の歴史をご紹介します。

特別展A4チラシ

企画展『お殿様の美濃焼生産-維新前夜の私領-』

期間: 2018年6月1日(金)~9月9日(日)

 

激動の幕末に美濃の私領を治めるお殿様たちが推し進めた独自の美濃焼生産をご紹介します。開港まもない函館に美濃の陶工が渡り、わずか数年で生産を終えた幻の箱館焼など見どころ満載。

特別展A4チラシ

同時開催 『土岐市の古窯-御殿窯-』×『重要文化財公開 元屋敷陶器窯跡出土品展』

期間: 2018年2月23日(金)~5月27日(日)

 

領主妻木氏に関わりのある登窯「御殿窯」と「元屋敷窯」の出土品を一挙にご紹介します。

企画展『灰釉陶器-平安時代の美濃焼-』

期間:平成29年12月1日(金)~平成30年2月18日(日)

 

出土品を中心に、美濃窯に大きな影響を与えた猿投窯の製品も展示しつつ、美濃窯を大規模窯業地へと押し上げる原動力となった灰釉陶器についてご紹介します。

特別展A4チラシ

特別展『お茶と美濃焼』

期間: 2017年9月15日(金)~11月26日(日)

 

「茶の湯」の歴史を紐解きながら、美濃桃山陶誕生に至るまでの茶陶生産の道のりをたどります。

企画展『やきものの型』

期間:平成29年6月2日(金)~9月10日(日)

 

型を用いた成形に着目して、多彩な茶陶を生産した窯跡出土の製品や土型を展示し、茶陶生産における型づくりの技術をご紹介します。

企画展『土岐市の古窯-定林寺古窯跡群-』

期間:平成29年2月24日(金)~5月28日(日)

 

桃山時代から江戸時代にかけての美濃窯では、茶陶の生産が本格化した一方で、日常食器を主体に生産した「定林寺古窯跡群」がありました。本展では、定林寺古窯跡群における各窯の生産内容の変遷を展観し、美濃窯の生産様相の一側面をご紹介します。

 

※「重要文化財 元屋敷陶器窯跡出土品展」を同時開催しています。

企画展『美濃焼の黎明期-須恵器-』

期間:平成28年12月16日(金)~平成29年2月19日(日)

 

窯跡から発掘された出土品を中心に、美濃窯の成立に影響を与えた猿投窯や美濃須衛窯といった近隣の先進大窯業地の製品も展示しつつ、美濃焼がどのようにして始まったのか、その黎明期の様相についてご紹介します。

歴史館スケジュール 歴史館スケジュール

1
『土岐市の文化財展Part1 文化財でたどる美濃焼の歴史』 10:00
『土岐市の文化財展Part1 文化財でたどる美濃焼の歴史』
11月 30 2018 @ 10:00 – 2月 24 2019 @ 16:30
現在、土岐市には国、県、市の指定を合せて77件の指定文化財があります。美濃陶磁歴史館では、今年度から数カ年にわたり、土岐市にある指定文化財を活用した展覧会を開催していく予定です。 第1回目となる今年度は、1300年の長い歴史をもち、現在も土岐市の地場産業である「美濃焼」をテーマとし、美濃焼に関連する指定文化財を紹介しながら、その歴史をたどってみたいと思います。
企画展『まさるときつねとこま犬』 10:00
企画展『まさるときつねとこま犬』
11月 30 2018 @ 10:00 – 2月 24 2019 @ 16:30
江戸時代に地域の人々によって寺社に奉納された土岐市にまつわるやきものの狛犬・神猿・神狐が大集合します。
年末年始休館日
年末年始休館日
12月 26 2018 – 1月 6 2019 全日
年末年始は休館です。
2
3
4
5
6
7
休館日
休館日
1月 7 全日
本日は休館日です。
8
9
10
11
12
13
14
15
休館日
休館日
1月 15 全日
本日は休館日です。
16
17
18
19
20
展示解説 14:00
展示解説
1月 20 @ 14:00
「まさるときつねとこま犬」展の担当学芸員による展示解説です。
21
休館日
休館日
1月 21 全日
本日は休館日です。
22
23
24
25
26
27
28
休館日
休館日
1月 28 全日
本日は休館日です。
29
30
31

基本情報

開館時間: 午前10時から午後4時30分(入館は4時まで)
入館料: 一般200円(150円) 大学生100円(70円) 高校生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金
      障がい者手帳をお持ちの方 一般100円 大学生50円 ※付き添いの方は減免対象外です
休館日: 月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、12月26日~1月6日 ※展示替のため臨時休館する場合がありますので、お問合せください。

アクセス


より大きな地図で 美濃陶磁歴史館 を表示

自動車でのアクセス

中央自動車道「土岐IC」から   約10分
東海環状自動車道「土岐南多治見IC」から   約10分
東海環状自動車道「五斗蒔スマートIC」から   約5分

鉄道でのアクセス

JR中央線「土岐市駅」下車   徒歩約10分