織部の里公園

織部の里公園

「歩く」「見る」「触れる」美濃桃山陶

400年前の桃山時代、美濃地域は日本最大のやきもの産地でした。「大窯」・「連房式登窯」と呼ばれる地上式の窯は当時の技術の粋を極めたもので、ここで生産された陶器は全国へと出荷されました。土岐市にある元屋敷窯は美濃窯最古の連房式登窯で当時の姿をよく留めており、その重要性からここ一帯が昭和42年に国指定史跡となりました。織部の里は、この元屋敷窯周辺を「歩く」「見る」「触れる」ことで美濃桃山陶への理解を深め、楽しむための公園です。  公園内には、松坂屋の創業家である伊藤家の別荘「揚輝荘」から移築された茶室「暮雪庵」、美濃桃山陶が体験できる作陶施設「創陶園」、元屋敷窯跡から出土した遺物の展示室などがあります。

公園マップ

織部の里公園マップ

アクセス


より大きな地図で 織部の里公園 を表示

自動車

中央自動車道「土岐IC」から   約15分
東海環状自動車道「土岐南多治見IC」から   約15分

鉄道

JR中央線「土岐市駅」下車。   徒歩約15分